ウクレレを簡単に弾くための基礎知識|おうち時間を楽しもう!

ウクレレは簡単に弾ける楽器です。

小学生以来、全く楽器を弾いたことがない方でもだいじょうぶ。

指1本でも曲を弾くことができます。

指1本だったのが2本になって、そのうちコードというのを指で押さえられるようになったとき、誰もがウクレレの明るくて美しい音色に引き込まれることまちがいなし。

 

ウクレレ本体の選び方

ウクレレ本体の選び方を、価格、大きさ、ペグ、ウクレレのメーカー別にご紹介します。

ウクレレ上級者にとっては異論があるかもしれませんが、参考にしてみてください。

 

価格

ウクレレは簡単に弾ける楽器ですが、上達するにつれてウクレレの奥の深さを知ることになります。

上達したときに、木材にこだわったり、ヴィンテージと呼ばれる高級ウクレレを手にしたくなるもの。

5千円程度のウクレレがありますが、音程がすぐ狂うのでオススメできません。

「5千円程度のウクレレでも弾けるよ」と言う人は上級者です。

上級者だからバランスの悪いウクレレでも乗りこなせるのです。

音程が悪いまま弾いていると上達しません。

ただし、あとでご紹介しますが、アリアARIA)という日本のメーカーは、品質のよい5千円前後のウクレレを提供しています。

 

大きさ

ウクレレの大きさを小さい順に書くと次のようになります。

・ソプラノサイズ
・コンサートサイズ
・テナーサイズ
・バリトンサイズ

ウクレレを始めるにあたっては、一番小さなソプラノサイズをすすめるられることが多いです。

ソプラノサイズは、小さいので扱いやすく、また、弦がゆるめなので指が痛くならないというメリットがあるからです。

コンサートサイズ、テナーサイズの順にボディ自体が大きくなるのと、ネックの部分が長くなります。

ネックが長くなると、音域が広がります。

アコースティックギターやエレキを弾く方、弾いた経験のある方にとっては、ソプラノサイズは小さいので弾きにくいと感じるかもしれません。

ですので、ギター経験者には、コンサートサイズをオススメします。

※ボディの大きさはソプラノサイズで、ネックの長さがコンサートサイズというソプラノ・ロングネックというウクレレもあります。音域は広がりますが、コンサートサイズより迫力に欠けますので、ギター経験者にはコンサートサイズを個人的にはオススメします。

ソロを弾くにはコンサートサイズが良いとされますが、ソプラノサイズでもソロは十分弾けます。

これからウクレレを始めようという方は、迷わずソプラノサイズを選ぶことをオススメします。

 

ペグ

ペグとは、弦を巻く装置のことです。

ウクレレのペグは、「ストレートペグ」と「ギヤペグ」の2種類があります。

<ストレートペグのメリット>
・弦がゆるんでもすぐに音程を調整できる。
・ヘッドの方に重心が傾かないので演奏しやすい。

<ストレートペグのデメリット>
・弦がゆるみやすいので音程が狂いやすい。

<ギアペグのメリット>
・演奏中に弦がゆるみにくいので、音程が安定する。
・チューニングしやすい。

<ギアペグのデメリット>
・ギヤが金具なので重心がヘッドに傾き、なれるまでは演奏しにくい。
※最近は、ギヤが軽量化されていますので、あまりストレスを感じることはなくなっています。

ウクレレを始めるのにあたっては、「ギヤペグ」のウクレレがオススメです。

 

メーカー

ハワイの三大ウクレレメーカーは、カマカコアロハGストリング

中でも「カマカ(KAMAKA)」は、ウクレレの王様と呼ばれています。

カマカは、ハワイアンに最もよくあった音色を奏でると言われています。

ハワイの三大ウクレレメーカーのウクレレの価格は、10万円を下りません。

そこで、手ごろな価格で高品質なウクレレを製造販売しているメーカーをいくつかご紹介します。

 

アリア(ARIA)

アリア(Aria)は日本のメーカーで、クラシックギター、エレキギターなど、低価格でありながら高いコストパフォーマンスを実現していると評判です。

ウクレレに関しては、初心者用から上級者用まで、幅広くラインナップされています。

5千円前後で売られているAU-1というソプラノウクレレは、初心者用、練習用として人気があります。

日本の楽器メーカーだけあって、5千円前後でもつくりがしっかりしています。

 

カラ(KALA)

カラ(KALA)は、アメリカ本土でのウクレレ販売シェアがNo.1のメーカーです。

高品質でありながら低価格なところが、日本でも人気があります。

1万円台で売られていたのですが、最近カラの評価が上がったせいか、2万円~3万円台が中心になっています。

上の動画で弾いているのは、KALA「MK-S Makala」というモデルです。8,000円台で売られています。

 

フェイマス(Famous)

日本のウクレレ老舗メーカーです。

細部にこだわりがあり、安定した品質で、豊かな音質であるところが人気です。

価格が安くなれば、全く同じモデルでも、こちらは音が良くて、こちらは音が悪いといったような、個体差がでてきます。

その点、日本製は安定しています。

上の動画で弾いているのは、人気のFamous「FS-1」というモデルです。18,000円台で買えます。

 

ハナレイ(Hanalei)

ハナレイは、島村楽器オリジナルブランドです。

中国製で、低価格ながら、音程が安定しています。

値段は、6,000円~20,000円ほどの幅があります。

ハナレイの2つのモデルを聞き比べてみましょう。

いかがでしょうか、最初が「HUK-10G」(\5,200)で、次が「HUK-100」(\13,500)です。
※HUK-100は廃番になり、後継モデルはHUK-100G(¥14,900)になっています。

残響音の違いがおわかりかと思います。

「HUK-100」の方が、残響音が長い分、心地よい音が耳に入ってきます。

「HUK-10G」の方は、音が調和していないし、キーンという金属音のような音が気になります。

ハナレイのウクレレを買うなら、上位器種をオススメします。

 

以上、手ごろな価格で、品質のよいウクレレを製造販売してる初心者におすすめのメーカーを4つご紹介しました。

最初は、車と同じように、どこかにぶつけたり、キズをつけたりします。

といって、慎重にあつかっていると、練習時間が少なくなり上達しません。

すぐに手に取れるところにウクレレを置いて、ジャガジャガ弾いて楽しみましょう。

 

チューニング用のチューナー

ウクレレの弦を決められた音の高さに合わせることをチューニングといいます。

弦を指で押さえない状態(開放弦)で、上(4弦)からソ、ド、ミ、ラに合わせるのが基本です。

自宅にピアノがあれば、ピアノの「ソ」を耳で聴いて、ウクレレの4弦を「ソ」に合わせます。

同じように、3弦を「ド」、2弦を「ミ」、1弦を「ラ」に合わせます。

ピアノがない場合は、音叉(おんさ)やピッチパイプ(調子笛)を使う場合がありますが、最近は、ウクレレ用チューナーを使って音程を合わせる人がほとんどです。

※ウクレレ用でなくても、ギター用チューナーでもOK。ただし、上の写真のようなクリップ式のチューナーを買うようにしましょう。
※スマホアプリにチューナーもあります。

チューナーの操作は簡単ですので、誰でもできます。

値段は、千円台で十分ですが、ウクレレ専用チューナーは2千円台はします。

 

教本

楽譜や歌詞、コード表、弾き方などが載っている本を教本、または教則本(きょうそくぼん)と言います。

ウクレレの教本は、自分にわかりやすいなと思った本、この曲が弾きたいというのが載っている本などを基準に選ぶといいですよ。

たくさんの種類が置いてあるのは、やはり大きな本屋さんですが、大きな本屋さんに行くまでが大変という方のために、ウクレレ入門書として定評のある本をご紹介します。

 

はじめよう! ウクレレ(CD付)

出版社:ヤマハミュージックメディア
価格:1,760円(税別1,600円)

ウクレレの持ち方、チューニング方法、コードの押さえ方など、ウクレレを弾く前に知っておきたい基本がていねいに書かれています。

また、ダウンストロークの練習、コードチェンジの練習などがわかりやすく説明されています。

【収載曲】大きな古時計、オーラ・リー、アロハ・オエ、さらばジャマイカ、エーデルワイス、亜麻色の髪の乙女(ヴィレッジシンガーズ)、涙そうそう(夏川りみ)、いつも何度でも(木村弓)、風になる(つじあやの)、世界に一つだけの花(SMAP)、夏色(ゆず)、桜坂(福山雅治)、セロリ(山崎まさよし)、島唄(THE BOOM)、TSUNAMI(サザンオールスターズ)、翼をください(赤い鳥)、お嫁においで(加山雄三)、タフワフワイ[あーやんなっちゃった]、瞳をとじて(平井堅)、ひょっこりひょうたん島、Jupiter(平原綾香)、かえるのうた、スワニー河、アメイジング・グレイス、星に願いを、ブルー・ハワイ、花(喜納昌吉&チャンプルーズ)、愛のロマンス、聖者の行進、ウクレレ・スウィング

※CDには、大きな古時計、オーラ・リー、アロハ・オエ、さらばジャマイカ、エーデルワイスが、練習曲として収録されています。練習曲以外の「世界に一つだけの花」などのポップスは収録されていません。

 

超初級「コード3つ」からはじめる! 楽々ウクレレ弾き語り60

出版社:ヤマハミュージックメディア
価格:1,760円(税別1,600円)

たった3つのコードだけで曲を弾く練習から始まり、最大でも7つのコードだけで弾ける曲が60曲載っています。

童謡からポップスまで、バラエティ豊かな曲が収載されています。

60曲も収載されていますので、レパートリーがぐんと増えます。
※CDは付属されていません。

【収載曲】ふるさと、きらきら星、タフワフワイ、アロハ・オエ、Happy Birthday To You、日曜日よりの使者(↑THE HIGH-LOWS↓)、夢の中へ(井上陽水)、カイマナ・ヒラ、タイニー・バブルス (Tiny Bubbles)、パーリー・シェル(Pearly Shells)、おしえて( アニメ「『アルプスの少女ハイジ』より)、ムーンライト伝説(DALI)、ジングル・ベル、鉄腕アトム(上高田少年合唱団)、スタンド・バイ・ミー、南の島のハメハメハ大王、アンダー・ザ・シー(絢香)、Under The Sea(ディズニー映画『リトル・マーメイド』より)、おどるポンポコリン(B.B.クイーンズ)、I believe(絢香)、小さな世界(長渕剛)、今日の日はさようなら(森山良子)、乾杯(長渕剛)、島人ぬ宝(BEGIN)、First Love(宇多田ヒカル)、サザエさん一家(宇野ゆう子)、いつも何度でも(スタジオジブリ映画『千と千尋の神隠し』より)、津軽海峡・冬景色(石川さゆり)、なごり雪(イルカ)、三日月(絢香)、secret base~君がくれたもの~(ZONE)、バンザイ~好きでよかった~(ウルフルズ)、チェリー(スピッツ)、大きな古時計(平井堅)、粉雪(レミオロメン)、PRIDE(今井美樹)、レット・イット・ゴー~ありのままで~(May J.)、 CHE.R.RY(YUI)、贈る言葉(海援隊)、春よ、来い(松任谷由実)、どんなときも。(槇原敬之)、さんぽ(スタジオジブリ映画『となりのトトロ』より)、恋するフォーチュンクッキー(AKB48)、風になる(つじあやの/スタジオジブリ映画『猫の恩返し』より)、君をのせて(スタジオジブリ映画『天空の城ラピュタ』より)、栄光の架橋(ゆず)、TRUE LOVE(藤井フミヤ)、卒業写真(荒井由実)、サボテンの花(財津和夫)、 お嫁においで(加山雄三)、島唄(THE BOOM)、想い出の渚(ザ・ワイルド・ワンズ)、言葉にできない(小田和正)、未来へ(Kiroro)、空も飛べるはず(スピッツ)、桜坂(福山雅治)、てんとう虫のサンバ(チェリッシュ)、タッチ(岩崎良美)、3月9日(レミオロメン)、I LOVE YOU(尾崎豊)、さくら(独唱)(森山直太朗)

 

できる ゼロからはじめるウクレレ超入門(DVD付)

出版社:リットーミュージック
価格:1,650円(税別1,500円)

大きい文字と大きい写真でとても見やすい教本です。

10章で構成されていて、1章終えるごとにステップアップできるようになっています。

付録としてコードブックが載っているので便利です。

練習曲:メヌエット(バッハ)、お正月、オーラ・リー、かえるのうた、かっこう、メリーさんのひつじ、ふるさと、クレイジ-G

※付属のDVDは、機械によっては再生できないことがあるようですが、DVDに収録されている動画は、リットーミュージックのホームページでも見ることができます。
http://www.rittor-music.co.jp/s/dekiru

 

古川先生の初心者向けウクレレ講座 ウクレレ教本&DVD

メーカー:株式会社グッドアピール
価格:32,780円(税別29,800円)

値段は張りますが、DVDを見ながら、ウクレレが30日で簡単に弾けるようになる講座です。

指1本で1曲弾くことから始まり、最終的にはソロ曲が弾けるようになります。

チューニングの手順もていねいに解説してあります。

付属の教本も充実していて、どの指でどの弦を押さえるかが一目でわかるようになっています。

また、TAB譜というのが載っていますので、ソロで弾く練習もできます。

ウクレレ教室に通うのはちょっと気がひけるという方にオススメです。

おうち時間を楽しむには、これくらいの投資をしてもいいですね。

市販されていませんので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

>>>古川先生の初心者向けウクレレ講座公式サイトへ

 

おすすめ教本・DVDのまとめ
・基本からコツコツやりたい方は『できる ゼロからはじめるウクレレ超入門』
・だいたいの基本を押さえて曲を弾きながら覚えていきたい方は『はじめよう! ウクレレ』
・とにかく曲を弾きたい方は『超初級「コード3つ」からはじめる!』
・楽譜やコードで尻込みしそうな方は『古川先生の初心者向けウクレレ講座 ウクレレ教本&DVD』

 

あったら便利なグッズ

最初は必要ないけど、あったら便利なグッズを3つご紹介します。

ピックについて触れていませんが、ピックを使って弾くと音が出やすいのでので、これからウクレレを始める方は、ピックを使って練習するといいですよ。

指だけで音の変化をつけられるようになると、あなたはもう上級者!

 

ストラップ

立って演奏する場合、胸の横とひじの内側の間にウクレレを挟み込むようにして固定します。

特に一番小さなソプラノサイズのウクレレなら、ストラップは必要ありません。

しかし、長時間弾いたり、コードチェンジがはげしい曲などのときは、ストラップがあるとウクレレが安定して弾きやすいです。

 

カポタスト

譜面に書かれているコード通りに弾いているのに、なんか原曲と違う感じがするときがあります。

そんな時は、原曲の方がキーが高いことが多いです。

そこでカポを使うことでキーを上げることができます。

また、難しいコードもカポを使うことで、簡単なコードで弾くことができます。

 

ウクレレケース

ウクレレケースは、ハードケースからソフトケースまで様々です。

ケースには、予備の弦、チューニング用チューナーなども入れられるので、ウクレレを持ち運ぶときに便利です。

やる!と決めたものの、ちょっと触っただけで、あとはケースに入れたままというのはよくあるパターン。

ウクレレケースは、最初はなかった方がよいかもしれません。

 

ウクレレを立てかけておくスタンドがありますが、ウクレレが置物化する可能性があります。

ウクレレは、いつでも弾ける場所に置いておくのがベスト。

ただし、直射日光などがあたる場所やエアコンの下はさけましょう。

小さい子どもに触らせたくないなら、ウクレレ用ハンガーがおすすめです。

 

まとめ

「ウクレレを簡単に弾くための基礎知識」をご紹介しました。

次の3点をそろえれば、ウクレレを楽しむことができます。
<ウクレレ本体>
・価格:1万円台~2万円台
・大きさ:ソプラノサイズ
・ペグ:ギヤペグ
<チューニング用チューナー>
・価格:1,000円
<教本(教則本)>
・価格:1,500円~1,600円3点で、15,000円~25,000円といったところでしょうか。

ウクレレは、簡単で手軽に弾ける楽器です。

ウクレレでおうち時間を楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました